こころの穴は ねこのかたち。

猫のこと。日々 思うこと。~愛猫ひよりの病気のはなし~

強制給餌 ・・・'18.8.24のこと。

 久しぶりのゴロゴロ

 

床してリビングに出てみると、ひよりは箱座りでじっとしていた。

「おはよう」と声をかけると、こちらを見て目を細める。昨日よりは悪くなさそうな表情に見える。

体調を確かめたくてブラシに誘ってみる。

ブラシをしてあげると、うっすら喉をゴロゴロ・・・。久しぶりに喉の音を聞いた。力強いゴロゴロではないけれど、耳を近づけると「グツグツグツグツ・・・」とかすかに聞こえる。この音、安心する・・・。

食欲はどうか。

食べ物を近づけると、顔をそむけて逃げるようにクローゼットへ引っ込んでしまう。食べたい気持ちは皆無。ただ、吐き気のサイン"くちゃくちゃ"が無いのが救い。

夫が出勤して掃除機がけが終わると、ひよりがクローゼットから出てきてリビングで横になる。今日は私と一緒にいてくれるの?嬉しい・・・(泣)

ひよりが くつろいでいると嬉しくて、体から力が抜けていくのが分かる。

昨日はこれまでで一番悪いかも知れないと不安になったのに、今日は落ち着いている・・・。本当にひよりの体調はくるくる変わる。f:id:chatorajirushi:20181110092543j:plain

 

”ネギとろ”を試す

吐き気は無いようなので今日は何か食べて欲しい。

8/22に病院に行った時、先生が教えてくれた方法を試してみようかと考える。先生は、”ネギ抜きのネギとろ”がいいよ、と教えてくれた。お魚だしカロリーもあるし、ひよりちゃんがお刺身好きなら食べさせてみて、と。

ネギとろを指にとって上あごに塗り付ければ、猫はペッペッと出すことが出来ないので、もぐもぐゴックンと飲んでくれるそうだ。

これが巷でいう「強制給餌」というもの?「強制給餌」はネットで調べて知ってはいたけれど、名前もイカツイし あまりやりたくないなぁ というのが正直なところ。

でも今はそんなこと言ってられないか。ひよりは特にお刺身好きではないけど、カロリーも栄養もあるなら試してみよう。

スーパーの開店と同時に入店し、ネギとろ(ネギ抜き)を購入。室温に戻した後、先生の言うように指に取り ひよりの上あごに塗り付けてみる。

ほら、ネギとろ おいしいでしょ?ゴックンしてね。

願い空しく・・・というか予想通り、ひよりはブンブン首を横に振り、口の中のネギとろは飛んで行ってしまった。

うーん・・・そんなにうまくいかないよね。それに、ネギとろは好きじゃないみたい。ネギとろで吐き気を誘発してしまうかと心配で見守ったが、今日は吐き気はやって来なかった。

そして、残りのネギとろは夫の夕ご飯となった。

 

療法食ペースト

どうせ何を食べさせても嫌がるなら、次は療法食をペースト状にして試してみよう。

もっと口の奥の方に塗り付けてあげれば、もしかしたら飲み込んでくれるかも知れない。この方法でうまくいけば療法食が食べられて、長かった膀胱炎の苦しみからも解放される。私は、気の進まなかった強制給餌の方法を、ネットでたくさん調べて準備をし、覚悟を決めた。ひより、頑張ろうね。 

早速ひより用のすり鉢を購入。小さめのすり鉢にロイヤルカナンの療法食コントロール0 カリカリを入れてすりつぶす。カリカリはけっこう硬くて、小さいすり鉢では すりつぶすのは なかなか大変だった。

ぬるま湯を入れてペースト状にする。指に付くくらいの軟らかさになるまでよく練り、療法食ペーストが出来上がった。

 

お昼頃、療法食ペーストを試す。ひよりは気配を感じ取り、逃げる気満々だったが、クローゼットに逃げ込んだところであっけなくつかまる。そのままクローゼットの中で強制給餌を試みた。クローゼットの中は狭いので、ひよりは逃げようがなく仕方なく療法食ペーストを食べることとなった。

嫌がって顔をそむけてイヤイヤをし、口からこぼれる量も多かったが、少しは飲みこんでくれた様子。イヤイヤをするひよりを押さえつけて食べさせるのは、泣きたいくらい心が痛んだ。だけど、ひよりが元気になるなら嫌われたっていい。ここは心を鬼にして頑張らなければ。

飲みこんだのは、カリカリにしたら1~2粒分に過ぎないのかもしれない。1回に食べられる量が少ないなら、1日何回かに分けて少しずつ食べさせてみよう。

食べさせても吐き気が襲ってくる様子もなく、今日は比較的落ち着いている。この調子で強制給餌を続けていけば、体力も付いて自分から食べられるようになるかも知れない。

少し望みが出てきて頑張る気持ちになる。ひより、一緒に頑張ろうね。

****************************

【後記】

「強制給餌」・・・好きになれない言葉だったりします。。。もちろんゴハンを食べられない猫さん(や、犬さん達)がきちんと栄養を摂るために大切な事だし、強制給餌で元気になったコはたくさんいるのも知っています。その行為そのものは悪い事ではないのは分かるけど、でも、この4文字熟語みたいなイカツイ名前、苦手です。

私にとって この日のネギとろから始まった「強制給餌」は、苦い後悔のひとつとなっています。あの時のイヤイヤをするひよりの姿が今でも頭から離れず、とてもとても苦しいのです。

('18.11.11)