こころの穴は ねこのかたち。

猫のこと。日々 思うこと。~愛猫ひよりの病気のはなし~

強制給餌の罪悪感 ・・・'18.8.26~27のこと。

久しぶりのうんちは・・・下痢

8/26、22:00頃 ひよりがトイレに起きる。おしっこかと思ったらうんちの体勢。8/17以来のうんちだ。一週間以上うんちが出なかったことになる。食べてないから当たり前か・・・。

うんちが終わったようなので見に行ってみると、下痢をしている(!)。茶色の水のような下痢が2滴くらい。そしてすぐに2回目のトイレ。今度は4~5滴。水下痢に血が混ざっている(!)。慣れない療法食で血便が出てしまったのかな。ひよりはトイレの近くに箱座りでうずくまる。お腹がいたいの?強制給餌がいけなかったんだ。食べられたと思って喜んでいたけど、下痢をさせたら意味が無いよね。ごめんね・・・。

10分くらいするとまたトイレ。

今度はマヨネーズくらいの軟らかさ。太さは鉛筆くらいでちょっと細めだけど、形のあるうんちが出た。ということは、先生が話してくれたみたいに異物の誤飲によって腸が塞がっているという事は無さそう?

その点は少し救われた気持ちになる。

トイレが終わると ひよりはテンション低めでクローゼットへ。今夜はクローゼットで寝るのかな。おやすみ、ひより。今日は吐き気はないようだから、薬(セレニア)はお休みしようね。

 

イヤイヤをしながらも、ひよりは頑張って食べてくれたのに、結局 下痢をさせてしまった。私の判断は間違っていたのかな。

強制給餌は、ひよりにとって良いことをしている気持ちになれなくて、罪悪感でいっぱいの私がいる。

 

 ”胃ろう”ってどうなの??

8/27、起床するとひよりはクローゼットにいる。

横になって元気が無いようす。下痢の後はトイレに入った形跡も、もちろんゴハンを食べた形跡もない。夜の間ずっとここにいたのかな。お水をもって行ってみると ちゃんと飲んでくれて安心する。でも、相変わらず ゴハンは自分から食べようとしない・・・。

 

強制給餌はどうしても ひよりの嫌がることを無理やりしている感があって、前向きに頑張れない。そうなると、先生にすすめられた”胃ろう”のことが現実味を帯びてくる。

ただただ不安に思っているばかりでは何も解決しないので、ネットで "胃ろう" を調べてみることに。

調べてみると獣医師の方の記述が出てくる。『”胃ろう" や "食道ろう" は、食べられない犬や猫には一般的に行われる処置です。』と書いてある。

うーん…獣医の先生にとっては ”一般的” でも、私たちにとっては違うよね?食べないからって「はい、やりましょう」ってやることじゃないよね??だって、お腹に穴を開けるんだし、全身麻酔だし。

いっこうに不安は消えない。

「だって、このお腹に穴を開けるんだよ??」

f:id:chatorajirushi:20181123144243j:plain

 

マタタビを試す

13:50頃、ひよりの好きなウェットフードのシーバを与えてみる。今日は少しマタタビを入れてみた。少しでもゴハンに興味を持ってもらえるように。興味はあるようすだったが、ひと舐めして終了。やっぱり自分からは食べない。今日も強制給餌かなぁ。ゆうべ下痢をしたから やりたくないなぁ。

17:30頃、子猫用ミルクをスポイト1本分準備。ひよりの奥歯にスポイトの先を噛ませて、むせないようにゆっくり飲ませる。ほとんどこぼしたけれど、少しは飲みこめたかな。

再度マタタビ入りシーバ。今度はマタタビを少し多めに入れてみた。匂いを嗅いでちょっと興味があるようす。少し舌を当てて舐めたようだが、すぐにやめてしまう。それどころか、マタタビに反応してシーバスープに後頭部から倒れこむ。そのまま ゴロンゴロンねりねりを始めてしまう。首のあたりがシーバスープでベタベタに。マタタビは失敗だったな。。。

でも、食べ物の匂いを嗅いだりして少しは興味があるようだ。今日も吐き気が無いのが救い。

 

ならば、食べさせなくちゃ

重い気持ちを奮い立たせて強制給餌の準備をする。吐き気が無いなら食べさせなくちゃ。

昨日、下痢に血が混じっていたので、療法食以外にもいつものカリカリを3割くらい混ぜることにした。いつか先生が言っていた ”初めての食べ物” で血便が出た可能性があるからだ。

 ↓血便が出た時のはなしはこちら。

chatorajirushi.hatenablog.com

 さっき、マタタビには反応してくれたので、マタタビの匂いをかがせながら強制給餌をしてみる。相変わらずひよりはイヤイヤしっぱなしだが、昨日よりはこぼす量が減ったような気がする。

でも、昨日は吐き止め薬のセレニアを休んだので、そろそろ吐き気が出てきてしまうんじゃないかと心配になる。今夜はちゃんと飲ませないと。

 

吐き気も無く強制給餌ができていればいいけど、いつ吐き気が襲ってくるかわからない。そうなったら強制給餌は無理。

強制給餌の罪悪感と 吐き気が襲ってくるかもしれない不安…。もうやっぱり ”胃ろう”  しかないのかな…。

****************************

【後記】

結局『強制給餌を頑張る』という決心は、私の自己満足に過ぎなかったんだと思います。ただ "胃ろう" が怖くて逃げたかっただけでした。私の自己満足のせいで、ひよりをたくさん苦しめてしまいました。

 

ひとつお詫びがあります(^-^; 初心者ブロガーあるある かもしれませんが、『ブックマーク』にコメントが書かれていることに初めて気づきました。コメントして下さった方々、長い間スルーですみませんでした(>_<) あたたかいコメントが心に沁みて涙が出ます。ありがとうございます。

ブックマークなるものの存在には うすうす感付いてはいたのですが、そこにコメントが書きこめるシステムだったとは。そして、未だにブックマークとは何ぞや??とハテナマークいっぱいです。。。

ブックマークって、コメントに返信したりはできないのですかね?スターを付けるだけですかね?勉強せねば。

(’18.11.24)