こころの穴は ねこのかたち。

猫のこと。日々 思うこと。~愛猫ひよりの病気のはなし~

幸せな10年間  ・・・2018年までのこと。

命名「ひより」

ひよりが我が家にやってきた当時、私は書家を目指して展覧会を開いたり、雑貨屋さんに作品を置いてもらったりと、書作家活動を始めた頃でした。

たまたまその時、ある文房具屋さんで「猫フェア」をやっていて、猫をテーマにした作品を出品することに。

その中に「ねこびより」という作品がありました。

f:id:chatorajirushi:20180927195852j:plain

当時の携帯で撮った写真なので、画像が悪いのですが・・・

(そして、未熟な作品で恥ずかしいこと極まりないのですが、ひよりの名前の由来となった作品なので、思い切って載せます・・・恥っ)

 

「ねこびよりに我が家にやってきたから『ひより』ちゃんだね。」

 と夫が言い、その日から「ひより」となりました。

以来10年間、「ひよちゃん」と呼ばれることになります。

 

なんていい子!

ひよりは うちに来た日から、病気の時以外はトイレの粗相をしたことがありません。

食卓に並べた人間の食べ物を盗み食いしたことも、畳で爪をといだこともありません。

叱ることをせず 甘やかして育てたので 食卓には遠慮なく上がるのですが、食べたいものがあっても黙ってじっと見つめるだけ。

たまに、恐る恐る手を出すこともありますが、「これ」とひとこと声をかければ、手を引っ込めるのです。

 

あっ、そうそう・・・盗み食いするもの、ありました。

茹でたてのブロッコリーと、スライスしたきゅうりです。

キッチンでブロッコリーを茹でていると、

はたまた、きゅうりをスライスしていると、

気配を消して近づいて来た ひよりと目が合います。

そして、目を離した隙に(正確には、ひよりが盗みやすいように見ないフリをしていると、です。)茹でたてアツアツのブロッコリーを、悪戦苦闘しながら1個盗んでいきます。

猫舌なんだから冷めてから持っていけばいいのに、と親バカ飼い主は目を細めるのです。

 

人並み外れたビビリ

ひよりは私たち以外の人に心を許したことがありません。

きっと 我が家に来た時そうだったように、他人に慣れるには1週間くらい時間が必要なんだと思います。

人の気配にはとても敏感で、それを感じ取っただけで押し入れに逃げ込みます。

押し入れの上の段、タンスと壁の15センチほどの隙間が、ひよりが一番安心できる場所のようです。 

押し入れが閉まっているとひよりは不穏になります。

だから、我が家の押し入れは10年間開けっぱなしなのです。

 

気づいたら10年・・・

ひよりが来てから、幸せで楽しくて 毎日がもふもふで、ひよちゃん、ひよちゃんで あっという間に過ぎていった10年でした。

避妊手術で全身網タイツになったり、

歯が抜けて(飼い主が)大騒ぎで病院に連れて行って笑われたり(乳歯でした)、

引っ越しのストレスで血尿が出たり、

膀胱炎で飼い主をあわてさせたり したものの、

概ね健康、食いしん坊で元気に過ごしてきました。

f:id:chatorajirushi:20180927205842j:plain

(↑避妊手術後の全身網タイツ)

 

そして・・・

2018年、

思いもよらない残酷な事実とともに、今年の夏がやってくるのです。

 

***********************************************

 【後記】

いまでも「どうしてこんなことになっちゃったんだろう・・・」と、途方にくれます。

今年の夏は猛暑だったと言うけれど、私にはその感覚(記憶?)がありません。。。

『ひよりのために』それだけを考えて毎日いっぱいいっぱいで過ごし、夏は終わっていました。

 

次回からは、今年の夏に起こったこと、ひよりの体調の変化の記録を綴っていきます。

元々、かかりつけの先生に ひよりの様子を説明するために 記録していたものなので、メモ風の記述になっています。

ひよりに起こった出来事を ひとつひとつ、自分自身で もう一度受け止めながら書いていこうと思います。

(’18.9.28)