こころの穴は ねこのかたち。

猫のこと。日々 思うこと。~愛猫ひよりの病気のはなし~

徘徊が止まらない ・・・’18.8.21のこと。その②

心ここにあらず・・・

食欲が出るという薬 ”ペリアクチン” を飲んでから、ひよりは落ち着かない様子。午後もウロウロ動き回り、時々「んなーぉ」と鳴く。『心ここにあらず』といった感じ。

その後、吐き気のサイン”くちゃくちゃ”が始まり、押し入れに引きこもってしまう。昨日も吐き止めの薬を飲ませるのを失敗したから、吐き気があるのかもしれない。

こういう時は、触ったり声をかけたりすると 吐き気を誘発してしまいそうで そっと見守る。

そっと見守ろうと思った割には辛抱できず、数分後「ブラシ?」と声をかける。ひよりは少し反応をみせ、ブラシに応じてくれたがすぐに "くちゃくちゃ" を始めてしまった。ごめんね。。。今度こそ離れて見守ることにする。

 

ひよりが「おーん」と鳴いている声がして行ってみると、箱座りで口を”くちゃくちゃ”。「おーん」と鳴いては位置を移動して なかなか場所が定まらない。やっぱりペリアクチンの副作用なのかな? ほとんど心配のない薬だって言われたのに・・・。

今日は朝から様子が変。ほとんど眠れていないようだし、疲れてないかな・・・体力が心配。

新たな投薬方法を模索

吐き気があるなら止めなくては。吐き止めのセレニアを飲ませよう。オブラートに包んで飲ませる作戦は概ねうまくいっている。だが昨日は、オブラートが破れて失敗した。もう失敗したくなくて、ほかに何かいい方法はないかとネットで調べまくり ”服薬ゼリー” にたどりついた。

オブラートにくるんだ後、服薬ゼリーと一緒に飲ませればノドに貼り付く心配も解消され つるんと入っていきそうだし、オブラートが破れても薬の味を感じにくいはず。

でも人間用を使用していいか心配だったので、”ポカリスエットゼリー”で試してみることに。以前 先生が「ポカリなら飲ませてもOK」と言っていたのを思い出したのだ。

そして実行。

・・・・・うん、あっけなく失敗。2回試みるも2回とも失敗。

そらそうだよね。つるんと入っていくものは つるんと出ても来るね。 

ちゃんとした服薬ゼリーならよかったのかな。。。

ひよりに余計なストレスをかけてしまったな。ひよりは疲れ果ててヨロヨロとクローゼットへ移動し、倒れて横たわっている。

ほんと余計な事した。ごめんね、ひより。激しく反省。

 

夫が帰宅した後、ひよりの薬を手伝ってもらったら 今までどおりのオブラート作戦でウソみたいにうまくいった。夫がひよりの体を動かないように押さえて、私はひよりの口元に集中。口を開けてオブラートでくるんだ薬を放り込み、ノドをさすり スポイトで水を飲ませる。

そうだ、最初から2人で飲ませれば良かったんだ。明日からは夫の帰宅を待って一緒に飲ませよう。

無事に薬も飲ませる事ができて、ひよりの吐き気は治まりつつある様子。私は安心して眠りについた。

f:id:chatorajirushi:20181027204810j:plain

夜中の徘徊

夜中、ひよりが「んなーぉ」と鳴きながらウロウロしている。私のベッドに上がってみたり、降りてリビングへ行ってみたり・・・なんだか落ち着かない。

私も起きて一緒にリビングへ行き 声をかける。ヒザに乗ってくれるけどなかなか落ち着く位置が決まらず、すぐに降りてウロウロ・・・。

寝室へ誘導して一緒に寝ようとするも、横になるのは数分でまた起きてウロウロ・・・。時々ベッドに寝ている私を覗きこんで「んなーぉ」と鳴いている。

ひよりは今日、昼間もあまり眠れていないのに、夜中もウロウロ歩きまわって 体は疲れているよね。きっと薬(ペリアクチン)のせいだ。こんなことに体力を使わせたくないのに・・・。

薬に動かされ続けているひよりが不憫で不憫で泣けてしまう。

明日また先生に相談しよう。

******************************************************

【後記】

夫に薬を手伝ってもらうのは、この時が初めてでした。実は、私がひよりの事をあまりにも心配するので 夫は「(ただの)膀胱炎で騒ぎすぎ」だと言い、そのことに腹を立てた私は ”アナタには頼りません”と意地になっていました。なので、投薬も通院も一人でやり遂げようと思っていたのです。でも、ひよりの事を考えたら私の意地なんてどうでもよかった。もっと早く2人で薬を飲ませるべきだった。私の意地がひよりを余計に苦しませてしまいました。

ほんっとうに私は人間が小さいのです。

(’18.10.31)