こころの穴は ねこのかたち。

猫のこと。日々 思うこと。~愛猫ひよりの病気のはなし~

胃腸炎???  ・・・’18.7.22のこと。

 

キャリー大嫌い!病院大嫌い!

体重を測ると4.5kg。いつもの夏より減っている。

夫と2人でキャリーにひよりを入れようとするが、世界一ビビリ(に違いない)のひよりはキャリーを全力で拒否。

キャリーが怖くて仕方ないひよりは、これまで膀胱炎になった時も、血尿が出た時も病院に行けたことが無い。

飼い主だけが病院へ赴き、尿を持参して症状を説明し、薬をもらい療法食の指導を受ける、という方法でしのいできた。

 

でも、今回の様子はただごとではない。

夫と2人 決意を固めて、1時間以上ひよりと格闘しつつも ようやくひよりを捕獲しキャリーに入れることに成功。

だが次の瞬間、キャリーの中でガルガル言いながら暴れたひよりは、キャリーの扉を突き破って脱走してしまった。。。。。

夫は再度 捕獲を試みようとしていたが、こんなに具合が悪そうなひよりに、キャリーから脱走するために 1時間以上も体力を使わせてしまったことが申し訳なくて、そして、更に元気がなくなってしまったことが心配で、私は夫を説得して病院を諦めてしまった。

f:id:chatorajirushi:20180930145604j:plain

 

腸炎???

すでに病院にはひよりを連れていくことを知らせてしまっていたので、先生には電話で、ひよりをキャリーに入れられず連れていけないことと、今日までの様子を詳しく説明。

「ひよりは連れて行けないけど何とかなりませんか」

と泣きながら話す私に、先生は笑いながら快く応じてくれた。

先生のお話では、こういう症状の場合7割がた胃腸炎だそうで、まずは胃腸薬と吐き止めを飲ませて様子を見ましょう ということに。

先生は私が泣いているからか、

「キャリーから脱出するなんて、ひよりちゃんは元気ですよ(笑)。」

と言って慰めてくれた。

4日分の薬(胃酸止め、吐き止め、整腸剤)をもらって帰宅。

胃酸止め(ファモチジン)は1/4錠、

吐き止め(セレニア)は1/2錠に割ってあり、

それを1かけづつ、1日1回飲ませる。

整腸剤(エスプレス)は朝晩に分けて2粒ずつ、計1日4粒飲ませる。

胃腸の細胞は4日で入れ替わる(だったかな?)そうで、4日間薬を飲んで、回復したらその後4日間でぶり返さなければ腸炎だったと判断していいそうだ。

 

薬は、ひよりの大好きなちゅーるに混ぜて飲ませることが出来た。

ただの胃腸炎でありますように・・・

 

****************************************************************

 

今思えば、この時 病院に連れて行かなかったのは、私の大きな間違いだったかも知れません。

この時点で、ひよりのガンが どの程度のものだったのかは分かりませんが・・・。

更に、もっと以前からひよりの食欲不振などもあったのに、様子がいつもと違うことに気付いていたのに、年をとったからとか、今年は暑いから、と軽く考えてしまったことなど・・・後悔は尽きません。

('18.10.1)

 

〈通院の覚え書き〉

7/22 飼い主のみ病院へ行き薬をもらう。薬は下記4日分。

◇セレニア24(吐き止め) 2粒 ¥900- 

ファモチジン10(胃酸止め) 1粒 ¥100-

エスプレス(整腸剤) 16粒 ¥640-