こころの穴は ねこのかたち。

猫のこと。日々 思うこと。~愛猫ひよりの病気のはなし~

神様がくれた1週間<3日目> ・・・'18.9.3のこと。

 ↓前回です。ひよりは下痢をしてしまったものの、ブラッシングの時に「にゃー」と元気な声を聞かせてくれました。

chatorajirushi.hatenablog.com

 

初めてのスリーショット

夜中にひよりのトイレの音で目が覚める。下痢ではなくおしっこ。良かった。

その後はずっとリビングにいたようで、起床してみると ひよりはまだソファーの足元で眠っていた。ゆっくり寝ているように見える。

朝ごはんの支度中もリビングでくつろいでくれている。

今朝もソファでだっこをするとゴロゴロと喉を鳴らしてくれた。

ひよりと夫と私、3人で写真を撮った。そういえば3人で写真に納まったことなんて今まで無かったかも。貴重なスリーショット。

結局 今日もひよりと私は、ソファに座ったまま 夫に「行ってらっしゃい」をした。

ひよりはゆったりと気分は悪くなさそうだが、昨日から水分を摂っていないことが気になっている。お皿に水を汲んで口元に持っていてみるが、飲みたい様子はない。脱水症状が心配になる。 

f:id:chatorajirushi:20190111110443j:plain

3ショットのスナップ写真。夫のアップが見苦しいので半分だけ。

 

幸せな昼下がり

午後、一緒に転がって昼寝をした。至福の時間。幸せをかみしめる。

夕方、昼寝から目覚めて一緒に窓の外を眺めた。貴重な時間をちゃんと覚えておきたくて動画を撮った。

おかかスープを作り、ダメ元で口元もっていき、匂いを嗅がせてみる。ふんふん匂いは嗅いでくれたが、飲んではくれなかった。無理強いはしないと約束したので、さっさと引き下がる。

次にダメ元でちゅーる。

吐き気が無いことを確認して、鼻に近づけてみる。

ひより、ふんふんふんふん...匂いを嗅いだ後、ペロッ。

はっ!舐めた!舐めてくれた!

 

偉大な子

嬉しくて何度も何度もちゅーるを指に取って舐めさせる。

美味しいものを ひよりが味わって食べている。何とも言えない感謝の気持ちと涙がこみ上げる。またひよりが、自分から食べてくれる日が来るなんて・・・。

私が、ひよりの最後の食事がバリウムになってしまったことを悔やんで、ずっと泣いてばかりいたから気遣ってくれたんだね。ちゅーるを食べる姿をこうやって見せてくれたんだよね。涙が止まんないよ。

なんて偉大な子なんだろう。ひより、ありがとう。ありがとうね。

だけど・・・あんまり食べると吐いちゃうかもしれない。泣きながら ちょっと心配になる。

でも、ひよりの方から程ほどで切り上げた。ちゃんと分かっているんだね。 

f:id:chatorajirushi:20190111110640j:plain

9/3 ヒザでくつろぐひより。

 

きゅうりのおねだり?!

キッチンで夕食の準備をしながら、帰宅した夫にちゅーるの事を伝えて一緒に喜んでいいると、ひよりがキッチンへやって来た。

ひよりがキッチンへ来るなんて いつぶりだろう?!

ちょうどきゅうりを切っているところ。ひよりはきゅうりが大好きだけど・・・まさか?きゅうり!? きゅうりをねだりに来たの?!

夫もキッチンへやってきたので、きゅうりを小さく刻んで夫の手に乗せてみる。

ひよりはきゅうりを美味しそうに舐めていた。固形物だから飲み込む事を心配したけれど、ひよりはちゃんと分かっている。舐めるだけで食べることはしなかった。

続けてちゅーるを夫の手に乗せてみた。ひよりはちゅーるも美味しそうに舐めてくれた。

夫は久しぶりに ひよりの舌の ざりざりした感触を味わって、幸せを噛みしめているようだった。

またも ひよりは程ほどで切り上げ、クローゼットへ。今夜はクローゼット眠るようだ。

今日はなんていい一日だったんだろう。昼寝をしたり、動画を撮ったり、おやつを食べたり・・・夢のようだった。

ひよりに「おやすみなさい。また明日ね。」の挨拶をして、私たちも眠りに就いた。

****************************

【後記】

この日、手術以来 初めて食べ物を口にしてくれました。自分から美味しそうに食べてくれたのは、8/22のカニカマ以来。それ以降はずっと口を ”くちゃくちゃ” させて気分が悪そうだったのに、手術してからは、まるで病気が治ったみたいに穏やかな日が続き、更に ちゅーる を美味しそうに食べてくれて。。。元気だった時と同じように 大好きな きゅうり もおねだりして、今思い返しても奇跡のような気がします。

日記にも書いてありましたが、この奇跡は、バリウムのことを悔やんでひよりに謝り続けていた私を、ひよりが気遣ってくれたために起こったんだと、私は思っています。猫ってそういうところがありますよね・・・。

(’19.1.11)