こころの穴は ねこのかたち。

猫のこと。日々 思うこと。~愛猫ひよりの病気のはなし~

薬との戦い  ・・・’18.8.5のこと。

薬との戦いが始まる

8/5、処方してもらった薬を早速飲ませる。

ちゅーるに混ぜて食べさせようとしたが、薬を混ぜたことがバレたのか、まったく食べてくれない。1日分の薬が無駄になってしまった・・・。

仕方が無いので ひよりの口に薬を放り込む方法に切り替える。

何かしら食べてくれていた時は、それに混ぜたりして ごまかして飲ませることができたが、何も食べてくれない時は直接口に放り込むしかない。

だけど ひよりは無理やり何かをされることが大嫌い。薬なんて絶対飲まない。おまけに私が薬を飲ませるのが下手くそ

口を開けようとすると、全力で拒否する。

キャリーに入れようとした時と同じで「絶対に口は開けない」という強い意思を感じる。

何度も格闘し、ようやく飲んでくれたかと思うと、直後に首をブンブン振って 薬を全て口から出してしまう。そんなことを小一時間繰り返す。

 

ひよりも抵抗し続けて疲れてしまっているはず。

少し休憩を兼ねて、ひよりの大好きなブラシに誘ってみる。

ひよりは、気持ちよさそうにブラシに応じた。

30分ほどブラシをした後に、不意打ちで口を開けて薬を放り込む。うまくいった!

首を振る前に 頭とのどを包むように抑え、薬を出さないように口を閉じて喉をさする。

そのうちゴクンと飲み込んだ気配。

やった!薬との戦いに勝った!

はぁ・・・。全身に疲れを感じて倒れこむ。

ひよりは神妙な顔をして箱座りをしている。

小さな薬を飲ませるのに、こんなに苦労するとは・・・。

これで症状が改善されるといいな。

 

薬との戦いに敗れる

薬を飲ませられた喜びの余韻に浸っていると、しばらく神妙にしていた ひよりが突然立ち上がり えづき始めた。

そして、「あっ」と思った時には胃液とともに、薬全てを吐き出してしまっていた・・・。

薬を飲ませたから、後は良くなるのを待つだけだと思ったのに、こんなに時間をかけて ひよりに負担をかけて飲ませた薬なのに、全部ムダになってしまった。

もう私に出来ることが全て無くなってしまった気がして、「薬」という最後の望みの綱がプッツリ切れたような気がして、私は号泣してしまった。

f:id:chatorajirushi:20181001194610j:plain

号泣しながら ひよりに謝る。薬ひとつちゃんと飲ませてあげられないでごめんね。

具合が悪いのに、こんなに負担をかけてごめんね。

ひよりは具合が悪そうに横になっていたが、しばらくすると起き上がり 私に向かってきちんと座って、ゴロゴロと喉を鳴らし始めた。

ひよりは私が泣いているといつも、私の顔を見てゴロゴロ言って慰めてくれる。

ひよりの方がツライのに、こんな時も慰めてくれるなんて・・・。

しばらく涙が止まらなかった。

  

吐き止め薬(セレニア)が苦い

薬を飲ませても吐いてしまう場合はどうしたらいいのか。

私はネットで調べまくった。

すると、「吐き気がある時に飲み薬で改善させようとするのは矛盾している」といったような記述を見つけた。

・・・たしかに。

気持ちが悪いのに、口の中にまずい物を入れられたら そりゃ吐きたくなるよね・・・。

そうなると、注射しかないのか。

そうすると、病院に行くしかないのか。

再度、「病院に連れていくか問題」が発生する。

 

ところで、薬はどんな味だろう。

ちょっと試してみる。

胃酸止め(ファモチジン)は特に嫌な味は無い。

吐き止め(セレニア)は・・・めっちゃ苦い!!

これは味わってしまったら飲めないかも。

胃酸止めに比べたら粒も大きいし、味を感じないように 一気に喉の奥にポイッと落とさなければ飲みこめない気がする。

喉の奥に、味を感じる隙をあたえず・・・飲ませられるかなぁぁぁ・・・。自信ナシ。

でも、どんなに薬が不味くても、とにかく今は薬を飲んで胃腸炎を治すしかない。

病院に連れていく前に、この4日間の薬はきちんと飲ませなければ。

「明日の薬は失敗できない」

プレッシャーに負けそうになる。

 

***********************************************

 

【後記】

「きちんと4日間 薬を飲ませなければ」というプレッシャーで、この頃は 夜の薬のことで頭がいっぱいでした。

クスリさえきちんと飲ませれば全てがうまくいく、というクスリ教の信者のようでした。 

(’18.10.5)